藍の生葉染始まりました。

今年も、藍の生葉染の季節になりました。

今年の藍の葉は、久々に大きく育ちました。

この7月の雨のおかげでしょうか?

 

今年は、マリーゴールドを藍の間に植えたせいか、いつもより虫が少なく大きく綺麗な葉です。

 

 

ストールを生葉染している様子

 


刈り取った藍をむしり水で洗い、ボールに藍葉を入れる。

 

少量の塩を入れる。

 

ストールを入れる。

 

藍の葉と藍の葉の間にストールを入れ、上から押すようにして染めていきます。

 

だんだんとブルーの色が染まってきます。

 

染まりあがったら、しっかりと水洗いします。

 

アイロンで仕上げたら出来上がりです。

今年も、綺麗なブルーに染まってくれました。

 

糸染をしている様子

藍の葉をミキサーにかけて洗濯ネットに入れて、藍の汁を絞りだします。

その汁に染める糸を入れます。

これは、シルクモヘアとウールループの糸を染めているところです。

 

染上がれば、しっかりと水で洗い、最後はお湯洗いします。

 

染まり上がった糸

 

藍の漬け染の様子

藍を漬物を漬けるようにして染めます。

藍を茎のままで漬けたり、葉をむしったものだけで漬けたりしました。

藍→塩→お湯→ストール→藍の順番で層にして最後に重しをして染めています。

 

数日後、桶からストールを取り出します。

 

右が、藍の葉をむしって葉だけで漬けたもの。(こちらは、ブルーの色が良く染まり、その中に紫が染まっています。)

左は、藍を茎付きで染めたもの。(こちらは、赤紫の色が多く染まっています。)

 

出来上がったストールです。

色々な色が染まっています。

これも、その時によって、染まり方が違うので面白いです。

 

藍の生葉染は、7月8月の2か月だけですので、是非この時期に綺麗なブルーを染めに来てください。

 特に今は藍の葉が大きく綺麗ですので、良く染まります。

 皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

 

 

  • 2019.07.14 Sunday

コメント
コメントする